浮気の慰謝料の相場はいくら?

浮気・不倫の慰謝料とは、浮気していたパートナーとその浮気相手から受けた精神的苦痛に対し支払われるお金のことです。慰謝料の相場は一般的に50万円から300万円とかなりばらつきがあります。この金額に明確な基準はなく、ケースバイケースで決まることがほとんどです。
過去の判例を参考にした場合、離婚・別居はせず夫婦関係を継続する場合の慰謝料は50万円から100万円、浮気が原因となり別居に至った場合は100万円から200万円、浮気が原因となり離婚まで至った場合は200万円から300万円が、それぞれ一般的な相場となっています。浮気・不倫をしたことによる損害が大きければ大きいほど、慰謝料も高くなる傾向にあるようです。
ただし裁判をせず話し合いで解決する場合、この通りに慰謝料が高くなるとは限りません。話し合いでは問題の早期解決などを考えて金額が決まることが多いようです。
慰謝料の金額は、浮気・不倫の内容や子供の有無などで増減します。浮気が長年に渡り繰り返されていたり、パートナーと浮気相手が子供を作った場合、夫婦間に子供がいる場合などは被害者の精神的な損害が大きいとされ、慰謝料が増額される傾向にあるようです。
そのため離婚をする前、慰謝料の請求をする際には浮気の証拠が絶対必要です。
集めた浮気の証拠より悪質な浮気だと認められたら、慰謝料が増額される可能性が高いからです。
家庭円満であった場合は、浮気相手が家庭を崩壊させたと判断され責任が重くなりますが、浮気に至る落ち度が自分自身にある場合は慰謝料が減額される傾向にあります。その他にも、婚姻期間の長短や浮気の期間と内容、浮気を否認しているかどうか、うつ病になってしまったなどの精神的苦痛、パートナーや浮気相手の社会的地位・資産など、さまざまな事情が総合的に考慮されて計算されます。
慰謝料請求を考えている場合、自分自身が損をしないためにも、まず専門知識を持った弁護士に相談してみることをおすすめします。